公認会計士の資格は専門学校で取得しよう!

専門学校へ入学する4つのメリット~公認会計士の資格取得を目指す~

公認会計士には適正がある?

公認会計士の仕事は、事務的な作業がほとんどで人によっては向いていないということもあります。そこで今回、公認会計士に向いている人の特徴をピックアップしてみました。

公認会計士に向いている人の特徴3選

電卓
no.1

数字に強い人

公認会計士は当然、会計が主な仕事となるので毎日が数字のとの戦いになります。しかも、膨大な財務書類を見ながら、その数字が正確なものかをチェックしなければならないので、注意深さも必要です。よって、数字に強い人でなければ、公認会計士は務まらないでしょう。

no.2

経済・経営に興味がある人

公認会計士の代表的な仕事の1つに、企業の経営環境を監査しコンサルティングするということがあります。監査を通じて、企業の財務状況を把握するだけでなく、企業に対して適切なアドバイスを行わないといけません。その為、経済・経営に興味がある方は公認会計士に向いていると言えます。

no.3

正義感が強い人

財務書類の間違いを指摘されれば、企業の信用も落ちて法的にも罰せられる可能性もあります。その為、企業が作成して財務書類に誤りを見つけた場合、公認会計士は企業に対して厳しい態度で間違いを示す必要があります。企業の間違いを優れて指摘できる正義感が強い方は公認会計士に適しています。

公認会計士の資格は専門学校で取得しよう!

男性

プロの講師に質問・相談できる

公認会計士の専門学校ではプロの講師が沢山在籍しており、講義内容や勉強方法、問題の解き方など、こういった受験生の悩みを質問・相談することが可能です。また、質問・相談を受けるだけでなく、それに対して、的確なアドバイスを行ってくれるので、自身の成長に繋がりやすいでしょう。独学よりは、学びやすい環境であることは間違いありません。

本

試験対策に特化した教材が手に入る

市販でもテキストや参考書といった資格勉強ができる教材はありますが、専門学校が提供する教材は、公認会計士の資格試験へ合格するために作りこまれたものです。試験の出題範囲に照らして合格率に必要な論点を細かく解説していますし、出題可能性によって重要性を区分しています。これほど試験対策に特化した教材が手に入るというのも、専門学校のメリットの1つです。

勉強

モチベーションが維持しやすい

公認会計士の資格試験の難易度は高く、一般的に受験期間が2年~3年以上かかるのが当たり前だと言われています。中には、5年以上も合格できないという方もいます。独学だとそれほど長く、高いモチベーションを維持することは困難になります。しかし、その点、専門学校では、ライバルや仲間が沢山いますので、高いモチベーションを維持しやすいです。

本

答練で解答の書き方が身に付く

専門学校では、通常の講義の他にも答練という項目があります。答練は答案練習の略称で、本試験のような書き方が求められます。従って、答練を何度も行なうことで、論述問題に関するスキルや書き方を身に付けることができるでしょう。また、答練の解説会では、論点の重要度や解答のポイントを分かりやすく説明されるので、不安なく学ぶことが可能です。

資格を取得するための勉強法5選

勉強

最終的に到達すべきレベルを知る

はじめに資格認定試験の難易度を知っておかなければ、勉強の量や質をイメージしづらいです。ですから、勉強を始める場合、まずは模擬試験を受けることをオススメします。試験本番の緊張感を知ることで、本命の試験での胆力も身に付けることができるでしょう。

逆算してスケジュールを立てる

公認会計士の資格試験の日程から逆算して、スケジュールを決めていくようにしてください。逆算する方が効率的な勉強を行いやすいですし、細かく勉強の時間を決めやすいです。スケジュールがずれたら、その都度調整するといいでしょう。

優先順位を決めて勉強する

試験には絶対にクリアしなければならない問題と、それほど重要ではない問題があります。もちろん、全部正確にできることに越したことはないのですが、優先順位を決めて勉強することで点数に大きく影響します。特に、会計士試験の場合、正解率が高い問題に配点が高く設定されているので、これを落とさないように勉強したいところです。

競えるライバルを作っておく

ライバルの存在は自身にとって大きな影響力があり、お互いに競い合うことで学力を向上させることができると言われています。従って、公認会計士の資格試験を受ける際には、競えるライバルを作るようにしましょう。自身と学力が同等かそう以上の関係が望ましいです。

ひたすら過去問に取り組む

公認会計士の資格試験も受験同様に、出題される問題にはパターンがあります。その為、過去問をひたすら解き続けることで、合格率を高めることができます。過去問にも色々なタイプがありますが、3年以内の過去問が載っている教本を選ぶといいでしょう。

広告募集中