公認会計士の資格をゲットする方法とは?仕事の特徴と役割

はじめに

会計事務所の職業として、「税理士」や「公認会計士」などがありますが、それぞれの職種で仕事内容に違いがあることをご存知でしょうか?将来的に会計の仕事に就きたいという方は、まずは違いについて知っておきましょう。

税理士と公認会計士の違い

税理士

税理士は言葉の通り、税務に関わる職業になります。税理士の代表的な仕事といえば、税務署に申告する書類を作成したり、申請を行ったりすることが挙げられます。

公認会計士

公認会計士は、企業の経営をチェックする監査や経営戦略の相談にのるコンサルティングなどを主に業務を行ないます。また、公認会計士は税理士の上位互換の職種で、資格を取得して税理士会に登録すれば、税理士の業務にも携われます。

女性も活躍する公認会計士

公認会計士は事務的な仕事が多く、女性の方も沢山活躍しています。また、公認会計士は資格取得が難しいだけに、一度合格してしまえば再就職も可能です。その為、出産などを控えている女性にオススメな職業と言えるでしょう。

公認会計士の資格取得を目指して!気になる職業ガイド

電卓

企業に重宝される公認会計士

近年では様々な企業があり、どの企業においても財務管理や監査で活躍する公認会計士は重宝されています。公認会計士は仕事の性質上、専門的な知識や技術が必要になりますが、その分、平均年収は一般的な職業よりも高めです。忙しい時期には毎日が残業という場合もありますが、働いた分だけ高い報酬を得ることができる職業になります。

勉強

公認会計士は国家資格である

公認会計士になるには、国家資格試験に合格する必要があります。国家資格ということもあり、難易度は非常に高く、人によっては数年以上も合格できていないといいます。その為、最近では専門学校や大学に通うという方も少なくありません。しかし、中には公認会計士の資格を独学で取得したという方もいるので、自分に合った方法で資格取得に臨むといいでしょう。

[PR]
公認会計士の勉強を進めよう
通信講座の利用がオススメ☆

[PR]
公認会計士の気になる解答速報
必要な情報を素早く手に入れることが可能

[PR]
ビジネスの資格が人気
就職に役立つスキルを身に付ける

広告募集中